国語辞典の検索結果

17

  1. 挟撃

    〘他タ四〙 敵を中にはさむように、両側から攻撃する。はさみうちにする。
    精選版 日本国語大辞典
  2. 挟撃

    〘名〙 両側からはさみうちにすること。※明治月刊(1868)〈大阪府編〉四「ガラントの背後を攻(せめ)しめ、夾撃をなさんと謀りしにより」※不如帰(1898‐99)〈徳富蘆花〉下「左右より夾撃(ケフゲキ)せられて」 〔史記‐淮陰侯伝〕
    精選版 日本国語大辞典
  3. 挟撃・夾撃

    ( 名 ) スル はさみうちにすること。 「左右より-せられて/不如帰 蘆花」
    大辞林 第三版

英和・和英辞典の検索結果

1

  1. 挟撃

    an attack on both flanks⇒はさみうち(挟み撃ち) 挟撃作戦|a pincer operation; pincer tactics
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)

その他の辞典の検索結果

72

  1. 挟撃

    〘他タ四〙 敵を中にはさむように、両側から攻撃する。はさみうちにする。
    精選版 日本国語大辞典
  2. 挟撃

    〘名〙 両側からはさみうちにすること。※明治月刊(1868)〈大阪府編〉四「ガラントの背後を攻(せめ)しめ、夾撃をなさんと謀りしにより」※不如帰(1898‐99)〈徳富蘆花〉下「左右より夾撃(ケフゲキ)せられて」 〔史記‐淮陰侯伝〕
    精選版 日本国語大辞典
  3. 挟撃・挟打

    〘名〙① 両側からはさむようにして攻撃すること。挟撃(きょうげき)。※和英語林集成(初版)(1867)「Hasamiuchi(ハサミウチ)ニ スル」② 二つの物事にはさまれてどちらにも動けないような状態をいう。※日本の思想(1961)〈丸山 ...
    精選版 日本国語大辞典