国語辞典の検索結果

70

  1. 抜粋

    〘名〙 楽曲・歌曲の主要な部分や有名な部分だけを選び出して、一つの音楽に編曲したもの。
    精選版 日本国語大辞典
  2. 抜粋・抜萃

    〘名〙① (形動) 多くの中から、特にぬきんでていること。他よりも、特にすぐれていること。また、そのさま。抜群。※本朝文粋(1060頃)三・弁耆儒〈大江挙周〉「飛二羽盖於翰林一、挙二抜萃之翹楚一」 〔後漢書‐蔡邕伝〕② (━する) 必要な部 ...
    精選版 日本国語大辞典
  3. 抜粋・抜萃

    ( 名 ) スル ① 書物などから必要な部分だけを抜き出すこと。また、抜き出したもの。 「一節を-する」 ② 多くの中で、とび抜けてすぐれていること。 「生れて異相有り、-にして聡敏なり/盛衰記 39」
    大辞林 第三版

英和・和英辞典の検索結果

1

  1. 抜粋

    an extract; an excerpt ((複 ~s, ~a)) ミルトンから抜粋する|make extracts from Milton この一節は彼の論文から抜粋した|I excerpted this paragraph from ...
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)

その他の辞典の検索結果

202

  1. 抜粋

    著作の内容を表現している部分(文または段落)を原文から抜き出し,要約を構成したもの.抄録は原文にとらわれずに抄録作成者の表現で要約するが,抜粋は原文を用いて要約を作成する.
    図書館情報学用語辞典
  2. 抜粋

    〘名〙 楽曲・歌曲の主要な部分や有名な部分だけを選び出して、一つの音楽に編曲したもの。
    精選版 日本国語大辞典
  3. 抜粋・抜萃

    〘名〙① (形動) 多くの中から、特にぬきんでていること。他よりも、特にすぐれていること。また、そのさま。抜群。※本朝文粋(1060頃)三・弁耆儒〈大江挙周〉「飛二羽盖於翰林一、挙二抜萃之翹楚一」 〔後漢書‐蔡邕伝〕② (━する) 必要な部 ...
    精選版 日本国語大辞典