国語辞典の検索結果

17

  1. 抜き手抜手

    〔「ぬきで」とも〕 ① 水をかいた手を水から抜いて前に返し、かえる足またはあおり足で泳ぐ泳法の総称。日本古来の泳法。 ② 「抜き出」に同じ。 [句項目] 抜き手を切る
    大辞林 第三版
  2. 抜き手を切る

    抜き手の泳法で泳ぐ。
    大辞林 第三版
  3. 抜き手を切る

    抜き手で泳ぐ。「―・って流れを渡る」
    デジタル大辞泉

英和・和英辞典の検索結果

1

  1. 抜き手

    an overarm stroke 抜き手を切って泳ぐ|swim overarm
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)

その他の辞典の検索結果

7

  1. 抜き手

    水をかいた腕を前方に返す際に,水面上に抜き出す泳法。泳ぎ方は,(1) 平体で両腕を交互に抜くもの,(2) 横体で上方の片腕だけを抜くもの,(3) 平体で両腕を同時に抜くものに大別される。 (1) は最も種類が多く,左右の扇足 (あおりあし) ...
    ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
  2. 抜手

    〘名〙 (「ぬきで」とも)① 日本古来の代表的な遊泳法で、各種の抜手法の総称。水をかいた手を前方に返すとき、水の上に抜き上げるところに特色がある。片抜手、大抜手など。※徳川実紀‐有徳院附録(1751)一二「徒士の游ぎを台覧あるべしとの命あり ...
    精選版 日本国語大辞典
  3. 抜手

    〘名〙 水府流太田派の泳法の一つ。煽足(あおりあし)を用い、上方の手を抜いては水を掻き抜き、下方の手は抜かずに掻くもの。
    精選版 日本国語大辞典