国語辞典の検索結果

5860

  1. 〘名〙 (動詞「うけたまわる(承)」の連用形の名詞化)① (「うけたまわること」「命令を受けたこと」の意から) 特に、「承り行なう」「奉行する」の意で、主君や上司の命を受け、それを執行すること。また、その人。執達状の執達人の名の下に「奉」の ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. 〘名〙 漢詩の絶句における「起承転結」の一つ。承句。※授業編(1783)七「第二句を承(シャウ)と云、起句を承けて意義を足すなり」 〔楊載‐詩法家数〕
    精選版 日本国語大辞典
  3. 漢詩で、承句。
    大辞林 第三版

英和・和英辞典の検索結果

14

  1. reluctantly; unwillingly 不承々々犬の世話を引き受けた|She agreed reluctantly to take care of the dog.
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)
  2. 〔了解〕understanding; 〔承認〕approval ((of)); 〔同意〕consent 了承する|understand; approve この件は落着したとご了承いただきたい|Please understand that t ...
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)
  3. 父子相承の技術|techniques [an art] handed down from father to son/an art inherited from one's father
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)

その他の辞典の検索結果

22686

  1. 〘名〙 (動詞「うけたまわる(承)」の連用形の名詞化)① (「うけたまわること」「命令を受けたこと」の意から) 特に、「承り行なう」「奉行する」の意で、主君や上司の命を受け、それを執行すること。また、その人。執達状の執達人の名の下に「奉」の ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. 〘名〙 漢詩の絶句における「起承転結」の一つ。承句。※授業編(1783)七「第二句を承(シャウ)と云、起句を承けて意義を足すなり」 〔楊載‐詩法家数〕
    精選版 日本国語大辞典
  3. ・事

    〘名〙 受けこたえすること。ひきうけること。返答。返事。承諾。承知。※南海寄帰内法伝平安後期点(1050頃)一「比(このころ)僧尼の助(コトウケシテ)検校する者を見れは」※徒然草(1331頃)一四一「都の人は、ことうけのみよくて実なし」
    精選版 日本国語大辞典