国語辞典の検索結果

18

  1. 打ち勝つ・打勝つ・打ち克つ

    ( 動タ五[四] ) ① (戦争・勝負などで)相手を破る。勝つ。 「強敵に-・つ」 ② (多く「打ち克つ」と書く)困難や苦しみなどを乗り越える。克服する。 「病に-・つ」 ③ 球技などで、相手と打ち合って勝つ。 [可能] うちかてる
    大辞林 第三版
  2. 打(ち)勝つ

    [動タ五(四)]1㋐「勝つ」を強めていう語。「宿敵に―・つ」㋑(「打ち克つ」とも書く)困難や苦しみなどを乗り越える。克服する。「誘惑に―・つ」2 野球・テニスなどで、激しく打ちあったすえに相手に勝つ。「点を取り合う乱戦に―・つ」[可能]うち ...
    デジタル大辞泉
  3. 打勝・打克

    〘自タ五(四)〙① 戦争や、勝負事などで相手を破る。負かす。※宇津保(970‐999頃)藤原の君「いくさなりともうちかちなんや」※仮名草子・浮世物語(1665頃)一「博奕(ばくち)にうちかたんと策(はかりこと)をめぐらすを」② (多く「打克 ...
    精選版 日本国語大辞典

英和・和英辞典の検索結果

1

  1. 打ち勝つ

    1 〔努力して勝つ〕 敵に打ち勝つ|overcome [defeat] one's enemy 2 〔克服する〕overcome 彼は難聴に打ち勝って優れた作曲をした|He overcame his poor hearing and com ...
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)

その他の辞典の検索結果

44

  1. 打勝・打克

    〘自タ五(四)〙① 戦争や、勝負事などで相手を破る。負かす。※宇津保(970‐999頃)藤原の君「いくさなりともうちかちなんや」※仮名草子・浮世物語(1665頃)一「博奕(ばくち)にうちかたんと策(はかりこと)をめぐらすを」② (多く「打克 ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. イワンの馬鹿

    (原題Skazka ob Ivan-durkje) 民話を題材にした小説。レフ=トルストイ作。一八八五年発表。三人兄弟のうち馬鹿正直で、働き者で、欲のない末弟イワンが、最後には悪魔にも打ち勝つ話。
    精選版 日本国語大辞典
  3. グローバル・ブランド

    グローバル・ブランドとはグローバル市場で展開されるブランドのことをいう。安定した経営資源や異なる市場で競争に打ち勝つだけの能力があると見なされ、プレステージの源泉となる。
    ブランド用語集