国語辞典の検索結果

71

  1. 戯画

    〘名〙 戯れに描いた絵。また、誇張して描いたりした滑稽な画。おどけ絵。ざれ絵。カリカチュア。比喩的に、滑稽な、あるいは、ばかばかしい状況・情景の意でも用いる。※侏儒の言葉(1923‐27)〈芥川龍之介〉ドストエフスキイ「ドストエフスキイの小 ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. 戯画

    〘名〙 風刺や滑稽(こっけい)味をこめ、誇張した筆致で社会の出来事などを描くこと。※雲のゆき来(1965)〈中村真一郎〉一〇「ベンヴェヌータによって醜悪に戯画化された跛の女というのは、このルーのことである」
    精選版 日本国語大辞典
  3. 戯画

    たわむれに描いた絵。また、風刺や滑稽をねらって描いた絵。ざれ絵。風刺画。カリカチュア。 〔「附音挿図英和字彙」(1873年)に caricature の訳語として載っている〕
    大辞林 第三版

英和・和英辞典の検索結果

1

  1. 戯画

    a caricature; 〔政治社会問題などを扱った漫画〕a cartoon 彼は当時の風潮を戯画化して描いた|He depicted contemporary trends in cartoons./He caricatured the ...
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)

その他の辞典の検索結果

269

  1. 戯画

    〘名〙 戯れに描いた絵。また、誇張して描いたりした滑稽な画。おどけ絵。ざれ絵。カリカチュア。比喩的に、滑稽な、あるいは、ばかばかしい状況・情景の意でも用いる。※侏儒の言葉(1923‐27)〈芥川龍之介〉ドストエフスキイ「ドストエフスキイの小 ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. 戯画

    滑稽化,風刺化して描かれた絵。日本で専門画家により衆目に触れることを目的として,滑稽でしかも風刺的な内容の戯画が描かれたのは平安末期~鎌倉初期の『鳥獣人物戯画』が最初とされる。それ以前には縄文時代の壺にみる線刻の人物戯画,奈良時代のものとし ...
    ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
  3. 戯画

    〘名〙 風刺や滑稽(こっけい)味をこめ、誇張した筆致で社会の出来事などを描くこと。※雲のゆき来(1965)〈中村真一郎〉一〇「ベンヴェヌータによって醜悪に戯画化された跛の女というのは、このルーのことである」
    精選版 日本国語大辞典