辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典

国語辞典の検索結果

15

  1. 我主

    ( 代 ) 二人称。相手に対して、親愛の気持ちを込めて呼ぶ語。あがぬし。 「左大将、-を酔はし奉る心ありや/宇津保 俊蔭」
    大辞林 第三版
  2. 我主

    〘代名〙 対称。親愛の気持をこめて呼ぶ語。あがぬし。※宇津保(970‐999頃)俊蔭「左大将、『わがぬしを酔(ゑ)はし奉るも心ありや〈略〉』とたはぶれ給て」
    精選版 日本国語大辞典
  3. 我主・和主

    ( 代 ) 二人称。対等またはそれ以下の相手に対して親しみの気持ちをもって用いる。そなた。おぬし。 「 -の問はれんほどのこと、何事なりとも答へ申さざらんや/徒然 135」
    大辞林 第三版

その他の辞典の検索結果

22

  1. 我主

    〘代名〙 対称。親愛の気持をこめて呼ぶ語。あがぬし。※宇津保(970‐999頃)俊蔭「左大将、『わがぬしを酔(ゑ)はし奉るも心ありや〈略〉』とたはぶれ給て」
    精選版 日本国語大辞典
  2. 我主・和主

    〘代名〙 対称。対等以下の相手に対して主として親しみの気持で用いる。そなた。おぬし。わどの。※夜の寝覚(1045‐68頃)一「兄(せうと)を見よといふ事あむなれば、わぬしにや似たる」
    精選版 日本国語大辞典
  3. 我主

    〘名〙 もっぱら自我を第一と考える主義。※三太郎の日記(1914‐18)〈阿部次郎〉一「此の如き人生のパラドックスは主我主義に固執する者が、自我の内容を真正に豊富にすることが出来ないのに似てゐる」
    精選版 日本国語大辞典