国語辞典の検索結果

891

  1. 成功

    [名](スル)1 物事を目的どおりに成し遂げること。「失敗は成功の母」「新規事業が成功をおさめる」「実験に成功する」2 物事をうまく成し遂げて、社会的地位や名声などを得ること。「写真家として成功する」3 ⇒じょうごう(成功)
    デジタル大辞泉
  2. 成功

    ( 名 ) スル ① 仕事・計画などがうまくいくこと。目的を達成すること。 ⇔ 失敗 「実験が-する」 ② 相当な地位や財産を得ること。 「実業界で-する」 「 -者」 ③ 功を積むこと。年功。
    大辞林 第三版
  3. 成功裏・成功

    成功といえる状態のうち。 「会は-に終わった」
    大辞林 第三版

英和・和英辞典の検索結果

2

  1. 成功

    1 〔事を成し遂げること〕(a) success 成功する|succeed ((in)); be successful ((in)) 彼はその計画に成功した[しなかった]|He succeeded [failed] in the attem ...
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)
  2. 成功

    (a) failure 不成功の|unsuccessful; abortive⇒しっぱい(失敗)
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)

その他の辞典の検索結果

10882

  1. 成功

    平安時代に行われた売官制度。朝廷に私財を献じて、各種の造営、大儀などの功(こう)を成し遂げた者に、官職を授与すること。成功に近い制度としては奈良時代の「贖労(しょくろう)」があるが、律令(りつりょう)制の衰退した平安中期以降、国費の不足を補 ...
    日本大百科全書(ニッポニカ)
  2. 成功

    平安時代中期以後,朝廷の行なった売官で,造営や大礼などの費用を献じて任官されること。奈良時代,成功に近い制度として,官人が資財を献じて,実働と同じ評定を受ける贖労 (しょくろう) があったが,荘園の増加により,国家収入が激減した 11世紀な ...
    ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
  3. 成功

    平安時代に行われた売官の制度。私費を朝廷に献じて各種の造営などを助けたものに官職あるいは位を授けた。律令制の崩壊する平安中期以後行われ,特に院政時代には遷任(異なる任地に赴くこと)あるいは重任(ちょうにん)(成功によって国守を再任すること) ...
    百科事典マイペディア