国語辞典の検索結果

1262

  1. 成功

    [名](スル)1 物事を目的どおりに成し遂げること。「失敗は成功の母」「新規事業が成功をおさめる」「実験に成功する」2 物事をうまく成し遂げて、社会的地位や名声などを得ること。「写真家として成功する」3 ⇒じょうごう(成功)
    デジタル大辞泉
  2. 成功

    〘名〙① 事業を完成すること。仕事ができあがること。目的を達成すること。※三代格‐五・天長八年(824)四月二一日「件使一任永用、既倦二成功一」※落葉(1889‐90)〈内田魯庵〉「セルカークの事蹟世に公けになりて之を記述し或はせんと試みし ...
    精選版 日本国語大辞典
  3. 成功

    〘名〙 (「じょう」は「成」の呉音。公事を務めて功を成す意) 平安中期以降、政府に造宮、造寺などの臨時の出費のあるとき、私財を寄付すること。その用途を賄うことで官位を賜わった。特に院政期に盛んで国司を希望する者が多かった。南北朝以後衰退した ...
    精選版 日本国語大辞典

英和・和英辞典の検索結果

2

  1. 成功

    1 〔事を成し遂げること〕(a) success 成功する|succeed ((in)); be successful ((in)) 彼はその計画に成功した[しなかった]|He succeeded [failed] in the attem ...
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)
  2. 成功

    (a) failure 不成功の|unsuccessful; abortive⇒しっぱい(失敗)
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)

その他の辞典の検索結果

11214

  1. 成功

    〘名〙① 事業を完成すること。仕事ができあがること。目的を達成すること。※三代格‐五・天長八年(824)四月二一日「件使一任永用、既倦二成功一」※落葉(1889‐90)〈内田魯庵〉「セルカークの事蹟世に公けになりて之を記述し或はせんと試みし ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. 成功

    平安時代に行われた売官制度。朝廷に私財を献じて、各種の造営、大儀などの功(こう)を成し遂げた者に、官職を授与すること。成功に近い制度としては奈良時代の「贖労(しょくろう)」があるが、律令(りつりょう)制の衰退した平安中期以降、国費の不足を補 ...
    日本大百科全書(ニッポニカ)
  3. 成功

    平安時代中期以後,朝廷の行なった売官で,造営や大礼などの費用を献じて任官されること。奈良時代,成功に近い制度として,官人が資財を献じて,実働と同じ評定を受ける贖労 (しょくろう) があったが,荘園の増加により,国家収入が激減した 11世紀な ...
    ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典