国語辞典の検索結果

15

  1. 懐郷

    故郷をなつかしく思うこと。望郷。「懐郷の情にひたる」
    デジタル大辞泉
  2. 懐郷

    〘名〙 故郷をなつかしく思うこと。ふるさとをしのぶこと。望郷。※重右衛門の最後(1902)〈田山花袋〉「山県は懐郷(クヮイキャウ)の情に堪へないやうに」 〔范仲淹‐岳陽楼記〕
    精選版 日本国語大辞典
  3. 懐郷

    〘名〙 故郷を離れている者が、その故郷をなつかしく、思い悩む病的な精神状態。ホームシック。※玄鶴山房(1927)〈芥川龍之介〉四「パリに住んでゐるうちにだんだん烈しい懐郷病(クヮイキャウビャウ)に落ちこみ」
    精選版 日本国語大辞典

英和・和英辞典の検索結果

1

  1. 懐郷

    ⇒ぼうきょう(望郷) 懐郷病|homesickness
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)

その他の辞典の検索結果

12

  1. 懐郷

    〘名〙 故郷をなつかしく思うこと。ふるさとをしのぶこと。望郷。※重右衛門の最後(1902)〈田山花袋〉「山県は懐郷(クヮイキャウ)の情に堪へないやうに」 〔范仲淹‐岳陽楼記〕
    精選版 日本国語大辞典
  2. 懐郷

    〘名〙 故郷を離れている者が、その故郷をなつかしく、思い悩む病的な精神状態。ホームシック。※玄鶴山房(1927)〈芥川龍之介〉四「パリに住んでゐるうちにだんだん烈しい懐郷病(クヮイキャウビャウ)に落ちこみ」
    精選版 日本国語大辞典
  3. ホームシック

    〘名〙 (homesickness から) 故郷や家族から離れている人が、それらを恋しく思って悩む精神状態。懐郷病。※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉二「塾に居ても始終懐郷病(ホームシック)をもって居るのは、無理でない」
    精選版 日本国語大辞典