国語辞典の検索結果

25

  1. 慕わしい

    ( 形 ) [文] シク したは・し 〔動詞「慕ふ」の形容詞形〕 心がひかれて、そばに近づきたくなる気持ちである。恋しい。したわしい。 「 - ・く思っている人」 「何事も古き世のみぞ-・しき/徒然 22」 [派生] -げ ( 形動 ) - ...
    大辞林 第三版
  2. 慕わしい

    [形][文]したは・し[シク]《動詞「した(慕)う」の形容詞化》心を引かれ、好ましく、または、懐かしく思うさま。恋しい。「―・い母上の姿」[派生]したわしげ[形動]したわしさ[名]
    デジタル大辞泉
  3. 〘形口〙 したはし 〘形シク〙 (動詞「したう(慕)」の形容詞化)① 心がひかれて、なつかしく、また、恋しく思う。※平家(13C前)二「あまりにしたはしくおぼゆるに、しばししばし」※徒然草(1331頃)二二「何事も、古き世のみぞしたはしき」 ...
    精選版 日本国語大辞典

英和・和英辞典の検索結果

1

  1. 慕わしい

    慕わしい友人|one's beloved [dear] friend 慕わしく思う|think lovingly [longingly/affectionately]((of a person))
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)

その他の辞典の検索結果

14

  1. 〘形口〙 したはし 〘形シク〙 (動詞「したう(慕)」の形容詞化)① 心がひかれて、なつかしく、また、恋しく思う。※平家(13C前)二「あまりにしたはしくおぼゆるに、しばししばし」※徒然草(1331頃)二二「何事も、古き世のみぞしたはしき」 ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. 生恋

    〘形シク〙 (「なま」は接頭語) なんだか恋しい。少し慕わしい。※大和(947‐957頃)二条家本附載「京さへなまこひしき旅のほどなりければ」
    精選版 日本国語大辞典
  3. 〘形シク〙 「こほし(恋)」の上代東国方言。恋しい。慕わしい。※万葉(8C後)二〇・四三四五「吾妹子(わぎめこ)と二人わが見しうち寄(え)する駿河の嶺らは苦不志久(クフシク)めあるか」
    精選版 日本国語大辞典