辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典

国語辞典の検索結果

15

  1. 意を用いる

    心を配る。気を遣う。注意する。 「社会福祉の向上に-・いる」
    大辞林 第三版
  2. 意を用いる

    気を配る。気にかける。「健康の維持に―・いる」
    デジタル大辞泉
  3. 意を用いる

    気を配る。注意する。※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉五「日に意を用ひて唱歌管絃を教ゆるのみならず」
    精選版 日本国語大辞典

その他の辞典の検索結果

15

  1. 意を用いる

    気を配る。注意する。※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉五「日に意を用ひて唱歌管絃を教ゆるのみならず」
    精選版 日本国語大辞典
  2. 心を用いる

    気をくばる。注意を払う。配慮する。※南方録(17C後)滅後「又わびの亭主も、せっちんは各別にあらため、心を用るゆへ、客も主の心入をしるため也」 〔荘子‐応帝王〕
    精選版 日本国語大辞典
  3. 毛利秀就

    江戸前期の大名。長門萩藩毛利家初代当主。広島生。関ヶ原の戦では豊臣方に加担、徳川家康の要求により、10年間を江戸で過ごす。慶長16年入国以来萩城下の整備と藩政の確立に意を用いるかたわら、慶長19年及び元和元年の徳川方大坂城攻めの両役に際して ...
    美術人名辞典