辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典

国語辞典の検索結果

5

  1. 息を切る

    ① 息苦しくなる。息切れする。あえぐ。※浄瑠璃・国性爺合戦(1715)二「女房息をきって走付、舟のとも綱しっかと取」② 歌謡などを歌う途中で息を吸いこむ。息を継ぐ。※わらんべ草(1660)二「字を切て、いきをきらぬ所あり」
    精選版 日本国語大辞典
  2. 昔は肩で風を切り今は歩くに息を切る

    以前は威勢がよかったが、今はまったく衰えてしまっている。
    デジタル大辞泉
  3. 肩で息をする

    肩を上下に動かして苦しそうに呼吸する。※俳諧・物種集(1678)「舟人も肩で息する計也 浪のよせ来るきりあひ人形〈不屑〉」
    精選版 日本国語大辞典

その他の辞典の検索結果

3

  1. 息を切る

    ① 息苦しくなる。息切れする。あえぐ。※浄瑠璃・国性爺合戦(1715)二「女房息をきって走付、舟のとも綱しっかと取」② 歌謡などを歌う途中で息を吸いこむ。息を継ぐ。※わらんべ草(1660)二「字を切て、いきをきらぬ所あり」
    精選版 日本国語大辞典
  2. 肩で息をする

    肩を上下に動かして苦しそうに呼吸する。※俳諧・物種集(1678)「舟人も肩で息する計也 浪のよせ来るきりあひ人形〈不屑〉」
    精選版 日本国語大辞典
  3. 切・伐・斬・截・剪

    [1] 〘他ラ五(四)〙[一] つながっているもの、続いているものなどを断つ。また、付いているものを離す。① 刃物などで、一続きのものに力を加えて分け離す。※書紀(720)神代上(水戸本訓)「所帯(はかせる)十握劔(とつかのつるぎ)を抜いて ...
    精選版 日本国語大辞典