国語辞典の検索結果

14

  1. 恬淡・恬澹・恬惔

    〘名〙 (形動ナリ・タリ) あっさりしていて物事に執着しないこと。心やすらかで欲のないこと。また、そのさま。※家伝(760頃)下「其性温良、其心貞固、非レ義弗レ領。毎好二恬淡一、遠射憒閙」※清原国賢書写本荘子抄(1530)五「聖人は心を恬淡 ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. 無欲恬淡

    ( 名 ・形動 ) 欲がなく、物に執着しない・こと(さま)。
    大辞林 第三版
  3. 無欲恬淡・無欲恬澹

    〘名〙 (形動) あっさりしていて欲がなく、物事に執着しないこと。また、そのさま。※蛇と鳩(1952)〈丹羽文雄〉かりそめの成功「宗教家はもっと無欲恬淡(テンタン)であるべき筈だと言われていた」
    精選版 日本国語大辞典

英和・和英辞典の検索結果

1

  1. 恬淡

    恬淡とした態度|a disinterested attitude 金銭[名声]に恬淡とした人だ|He is indifferent to money [fame].
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)

その他の辞典の検索結果

23

  1. 恬淡・恬澹・恬惔

    〘名〙 (形動ナリ・タリ) あっさりしていて物事に執着しないこと。心やすらかで欲のないこと。また、そのさま。※家伝(760頃)下「其性温良、其心貞固、非レ義弗レ領。毎好二恬淡一、遠射憒閙」※清原国賢書写本荘子抄(1530)五「聖人は心を恬淡 ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. 無欲恬淡・無欲恬澹

    〘名〙 (形動) あっさりしていて欲がなく、物事に執着しないこと。また、そのさま。※蛇と鳩(1952)〈丹羽文雄〉かりそめの成功「宗教家はもっと無欲恬淡(テンタン)であるべき筈だと言われていた」
    精選版 日本国語大辞典
  3. 貞固

    〘形動タリ〙 心が正しくたしかなさま。※家伝(760頃)下「其性温良、其心貞固、非レ義弗レ領。毎好二恬淡一、遠射二憒閙一」※艸山集(1674)一八・竹笻「吾常愛二竹笻一、貞固不レ推レ松」 〔易経‐乾卦・文言〕
    精選版 日本国語大辞典