辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典

国語辞典の検索結果

59

  1. 念ずる

    ( 動サ変 ) [文] サ変 ねん・ず ① ある事柄・事態などの実現を強く思い願う。こうあってほしいと心の中で祈る。 「合格を-・ずる」 「子供の幸福を-・ずる」 ② 神仏の名、経文、呪文などを、心の中で唱える。 「仏ヲ-・ズル/ヘボン」 ...
    大辞林 第三版
  2. 念ずる

    [動サ変][文]ねん・ず[サ変]1 物事の成就などを強く願う。「成功を―・ずる」2 心の中で神仏に祈る。また、経文・名号などを心の中で唱える。「如来の済世を―・ずる」「弥陀の名号を―・ずる」3 耐え忍ぶ。こらえる。「をりをりごとにえ―・じえ ...
    デジタル大辞泉
  3. 〘他サ変〙 ねん・ず 〘他サ変〙① 神仏に対し、災厄から身を守ってくれるよう、願いをかなえてくれるよう心の中で祈る。また、経文や呪文などを心中に唱える。※宇津保(970‐999頃)国譲下「心の中に己れにあひ見んとねんじ給へ」※読本・椿説弓張 ...
    精選版 日本国語大辞典

その他の辞典の検索結果

54

  1. 〘他サ変〙 ねん・ず 〘他サ変〙① 神仏に対し、災厄から身を守ってくれるよう、願いをかなえてくれるよう心の中で祈る。また、経文や呪文などを心中に唱える。※宇津保(970‐999頃)国譲下「心の中に己れにあひ見んとねんじ給へ」※読本・椿説弓張 ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. 四種念仏

    〘名〙 仏語。念仏の四種類。称名念仏(阿彌陀仏の名号を口に唱えること)・実相念仏(阿彌陀仏の法身を観じて念ずること)・観相念仏(西方浄土に対して思いをはせること)・観像念仏(阿彌陀仏の形相、相好を心に浮かべ念ずること)の総称。
    精選版 日本国語大辞典
  3. 即心念仏

    〘名〙 (心に即して仏を念ずるの意) 仏語。心と仏とは一体であると観ずる境地にあって、仏を念ずること。※霊空和尚和語雑録(1733)四「誠に吾人の、修すべき処は、即心念仏なり」
    精選版 日本国語大辞典