国語辞典の検索結果

12

  1. 心ならずも

    [連語]「心ならず1」に同じ。「懇願されて心ならずも参加することになった」
    デジタル大辞泉
  2. 心ならずも

    ( 連語 ) 自分の本意ではないが、やむをえず。 「 -応諾するしかなかった」
    大辞林 第三版
  3. 心ならずも

    (副詞的に用いて) 心からそうするのではないが。不本意ではあるがやむをえず。※浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉一「心ならずも小半年ばかり燻(くすぶ)ってゐる」
    精選版 日本国語大辞典

英和・和英辞典の検索結果

1

  1. 心ならずも

    〔意志に反して〕against one's will; 〔不承不承〕reluctantly 心ならずもその提案に賛成せざるを得なかった|I had to agree to the proposal against my will. 彼は心な ...
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)

その他の辞典の検索結果

31

  1. 心ならずも

    (副詞的に用いて) 心からそうするのではないが。不本意ではあるがやむをえず。※浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉一「心ならずも小半年ばかり燻(くすぶ)ってゐる」
    精選版 日本国語大辞典
  2. 愛別

    〘名〙 親しみ、愛している人と心ならずも別れること。→愛別離苦。〔日葡辞書(1603‐04)〕
    精選版 日本国語大辞典
  3. 車の両輪

    “編集と営業は車の両輪”とは、古くからの言い回し。実際そうなのだが、心ならずも営業部門に回される編集職希望者を納得させる効用も。
    とっさの日本語便利帳