辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典

国語辞典の検索結果

6

  1. 微温的

    [形動]徹底しないさま。てぬるいさま。「微温的な態度」「微温的な改革」
    デジタル大辞泉
  2. 微温的

    〘形動〙 物事が中途はんぱなさま。手ぬるいさま。※女工哀史(1925)〈細井和喜蔵〉一八「素より吾人はこんな微温的なもので満足する者ではない」
    精選版 日本国語大辞典
  3. 微温的

    ( 形動 ) なまぬるいさま。物事や態度が中途はんぱで徹底しないさま。 「 -な処置」
    大辞林 第三版

その他の辞典の検索結果

17

  1. 微温的

    〘形動〙 物事が中途はんぱなさま。手ぬるいさま。※女工哀史(1925)〈細井和喜蔵〉一八「素より吾人はこんな微温的なもので満足する者ではない」
    精選版 日本国語大辞典
  2. 講壇社会主義

    〘名〙 ワーグナー、シュモラーらドイツの新歴史学派の経済学者によって唱えられた社会政策論の呼び名。元来は、大学の教壇から主張した微温的な社会改良主義だとして自由主義経済学者たちが嘲笑的に呼んだ語。一九世紀の七〇年代から二〇世紀初頭にかけて有 ...
    精選版 日本国語大辞典
  3. 超人

    ドイツの哲学者ニーチェの著作《ツァラトゥストラ》(1883‐85)の中で,人間にとっての新たな指針(和辻哲郎の用語では〈方向価値〉)として情熱的に説かれた言葉。その熱っぽさが,19世紀末の微温的市民社会と精神的閉塞状況からの脱出を願う青年知 ...
    世界大百科事典 第2版