辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典

国語辞典の検索結果

3

  1. 後を絶たない

    あるものの出現が途絶えることがない。 「重大事故の発生が-・ない」
    大辞林 第三版
  2. 後見制度支援信託

    被後見人の通常使用しない金銭を信託銀行などが信託財産として管理し、日常的な支払いをするのに必要十分な金銭を預貯金等として後見人が管理する仕組み。成年後見制度の法定後見および未成年後見制度の被後見人が対象。多額の現金を払い戻す場合は家庭裁判所 ...
    デジタル大辞泉
  3. 〔「跡あと」と同源。「跡」の意味の拡大したもの〕一 ( 名 ) ① 物事の実現の順序が、あるものよりも遅いこと。 ⇔ 前 ・ 先 「 A さんが着いた-(に) B さんが着いた」 「食事の-お茶を飲む」 ② ある時点から時間が経過した時点。 ...
    大辞林 第三版

その他の辞典の検索結果

73

  1. 自転車をめぐる通達

    ルール違反や事故が後を絶たないため、警察庁は昨年10月、幅3メートル未満の歩道では原則、自転車の通行を許可しない方針を決め、全国の警察本部に通達した。指導取り締まりの強化もうたう。1970年代、自転車の歩道走行を認めて以来の方針転換だ。
    朝日新聞掲載「キーワード」
  2. ミルジャプル

    インド北部、ウッタル・プラデシュ州南東部の都市。ガンジス川中流右岸に位置する。人口20万5264(2001)。17世紀に建設され、18世紀までインド北部の主要交易地として繁栄したが、鉄道の発達とともに衰退し一地方都市となった。寺院や沐浴(も ...
    日本大百科全書(ニッポニカ)
  3. 操作ログ

    主にクライアントパソコン(エンドユーザー向けの操作端末)で、ログインログアウトしたユーザー名や日時、その端末で行なった操作(ファイルの閲覧実行書き出しネットワーク接続など)の履歴のこと。企業の顧客情報など、重要な機密個人情報などが漏洩する事 ...
    ASCII.jpデジタル用語辞典