辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典

国語辞典の検索結果

42

  1. 広陵

    [一] 中国江蘇省揚州市の古名。秦代に広陵県、後漢代に広陵郡が置かれた。[二] 広島のこと。[三] 琴の曲の名「こうりょうさん(広陵散)」の略。
    精選版 日本国語大辞典
  2. 広陵

    (「広陵」は今の揚州の地。「散」は曲の意) 中国の琴の曲の名。晉の嵆康(けいこう)が隠者から授けられ、その死とともに失われたと「晉書‐嵆康伝」などに見える。明の「神奇秘譜」で復元されたものがある。広陵。
    精選版 日本国語大辞典
  3. 広陵

    奈良県北西部、北葛城郡の町。奈良盆地中西部に位置する。稲作・野菜栽培のほか、靴下製造が盛ん。
    大辞林 第三版

その他の辞典の検索結果

155

  1. 広陵

    [一] 中国江蘇省揚州市の古名。秦代に広陵県、後漢代に広陵郡が置かれた。[二] 広島のこと。[三] 琴の曲の名「こうりょうさん(広陵散)」の略。
    精選版 日本国語大辞典
  2. 広陵

    (「広陵」は今の揚州の地。「散」は曲の意) 中国の琴の曲の名。晉の嵆康(けいこう)が隠者から授けられ、その死とともに失われたと「晉書‐嵆康伝」などに見える。明の「神奇秘譜」で復元されたものがある。広陵。
    精選版 日本国語大辞典
  3. 広陵[町]

    奈良県北西部,北葛城郡の町。1955年馬見町,瀬南村,百済村が合体して広陵町となり,56年箸尾町を編入。人口2万9457(1995)。奈良盆地中西部に位置し,盆地底部から馬見丘陵にわたる一帯を占める。馬見丘陵は浸食による小谷が樹枝状に入り, ...
    世界大百科事典 第2版