辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典

国語辞典の検索結果

191

  1. 安藤

    姓氏の一。[補説]「安藤」姓の人物安藤幸(あんどうこう)安藤昌益(あんどうしょうえき)安藤忠雄(あんどうただお)安藤鶴夫(あんどうつるお)安藤信正(あんどうのぶまさ)安藤広重(あんどうひろしげ)安藤正次(あんどうまさつぐ)安藤百福(あんどう ...
    デジタル大辞泉
  2. 安藤

    姓氏の一。
    大辞林 第三版
  3. 安藤

    バイオリニスト。東京の生まれ。郡司成忠・幸田露伴の妹。東京音楽学校教授。ドイツに留学し、ヨアヒムに師事。日本の近代音楽教育に貢献。芸術院会員。明治一一~昭和三八年(一八七八‐一九六三)
    精選版 日本国語大辞典

その他の辞典の検索結果

1453

  1. 安藤建設

    建設会社,安藤・間の前身の一つ。1873年安藤方の名で創業,1911年に合名会社安藤組となり,1918年株式会社に改組設立された。1962年社名を安藤建設に変更。日比谷ビル,帝国ホテル新館,日立中央研究所,慶應義塾大学などの工事を手がけ,伝 ...
    ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
  2. 安藤 直行

    肩書貴院議員 生年月日安政5年11月(1858年) 出生地江戸 経歴紀伊田辺藩16代藩主安藤直裕の子。明治17年男爵。30年貴族院議員。 没年月日明治41年3月6日
    新訂 政治家人名事典 明治~昭和
  3. 安藤

    近世の武家。16世紀中葉家重のとき徳川広忠に仕えた。家重の孫直次は,家康の奉行衆の一人として活躍し,その後家康の十子頼宣の付家老(つけがろう)となり,1619年(元和5)紀伊田辺3万8000石の城主となった。以降16代幕末に及び,維新後男爵 ...
    世界大百科事典 第2版