辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典

国語辞典の検索結果

5

  1. 天下無双

    《古くは「てんかぶそう」とも》天下に並ぶものがないこと。「天下無双の剣士」
    デジタル大辞泉
  2. 天下無双

    〔古くは「てんかぶそう」〕 天下に並ぶものがないほどすぐれていること。天下無比。天下第一。 「 -の剣の達人」
    大辞林 第三版
  3. 日の下開山

    《「ひのしたかいさん」とも》相撲・武芸などで、天下無双の強豪のこと。普通は横綱の異称。
    デジタル大辞泉

その他の辞典の検索結果

12

  1. 山岡静山

    1829-1855 幕末の武士,槍術(そうじゅつ)家。文政12年生まれ。高橋泥舟の兄。幕臣。天下無双といわれた南里紀介と勝負し,4時間の大試合の末ひきわけたという。安政2年6月30日死去。27歳。弟子の山岡鉄舟が婿養子となって家名をついだ。 ...
    デジタル版 日本人名大辞典+Plus
  2. 日下開山

    相撲で天下無双の強豪に与えられる称号。日下開山の称号を得たと伝えられる力士に鎌倉十七,明石志賀之助,谷風丹右衛門,御用木無次右衛門,大木戸団右衛門,源氏山住右衛門,鞍馬山鬼市,物見山団蔵らがある。仏教用語から転じて,横綱力士のことをいうよう ...
    ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
  3. 坂崎紫瀾

    小説家,新聞記者。本名斌(さかん)。江戸土佐藩邸に藩主侍医の子として生まれた。土佐藩校致道館に学び,後に教授。1874年愛国公党に参加。1876年松本裁判所の判事となったが,征韓論を唱えて官を辞し,《高知新聞》《土陽新聞》《自由灯》などを通 ...
    百科事典マイペディア