辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典

国語辞典の検索結果

7

  1. 大器晩成

    〘名〙 (「老子‐四一」の「大方無レ隅、大器晩成」による語) 鐘や鼎(かなえ)のような大きなうつわは早く作り上げることができないように、本当の大人物は、発達は遅いけれども時間をかけて実力を養い、のちに大成するということ。→たいき(大器)は晩 ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. 大器晩成

    〔老子〕 大きな器うつわは早くは完成しない意。大人物となる人間は、普通より遅く大成するということ。 「 -型」
    大辞林 第三版
  3. 大器晩成

    《「老子」41章から》大きな器が早く出来上がらないように、大人物は世に出るまでに時間がかかるということ。
    デジタル大辞泉

その他の辞典の検索結果

8

  1. 大器晩成

    〘名〙 (「老子‐四一」の「大方無レ隅、大器晩成」による語) 鐘や鼎(かなえ)のような大きなうつわは早く作り上げることができないように、本当の大人物は、発達は遅いけれども時間をかけて実力を養い、のちに大成するということ。→たいき(大器)は晩 ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. 大器晩成

    大きな器は完成が晩(おそ)いから全容が分からない。つまり見聞からでは全容が判断できないというもの。
    とっさの日本語便利帳
  3. 及第

    〘名〙① 試験に合格すること。⇔落第。《季・春》※菅家文草(900頃)二・賀橘風「四十二年初及第、応レ知大器晩成人」※虞美人草(1907)〈夏目漱石〉一「どうせ休むなら及第(キフダイ)してから、緩っくり休まう」 〔新唐書‐選挙志・上〕② ( ...
    精選版 日本国語大辞典