辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典

国語辞典の検索結果

28

  1. 因果応報

    〘名〙 仏語。善悪の因縁に応じて吉凶禍福の果報を受けること。善因には富楽などの善果を受け、悪因には貧苦などの悪果を受けること。現在では悪因悪果の意で用いることが多い。因果報応。※安愚楽鍋(1871‐72)〈仮名垣魯文〉初「因果応報(イングヮ ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. 因果応報

    〘仏〙 前世における行為の結果として現在における幸不幸があり、現世における行為の結果として来世における幸不幸が生じること。
    大辞林 第三版
  3. 因果応報

    仏語。前世あるいは過去の善悪の行為が因となり、その報いとして現在に善悪の結果がもたらされること。
    デジタル大辞泉

その他の辞典の検索結果

80

  1. 因果応報

    〘名〙 仏語。善悪の因縁に応じて吉凶禍福の果報を受けること。善因には富楽などの善果を受け、悪因には貧苦などの悪果を受けること。現在では悪因悪果の意で用いることが多い。因果報応。※安愚楽鍋(1871‐72)〈仮名垣魯文〉初「因果応報(イングヮ ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. 因果応報

    仏教語で,因果報応ともいう。善悪の原因があれば必ずそれに相応する楽苦の結果のあることをいう。ことばとしては《大唐慈恩寺三蔵法師伝》に見える。仏教の基本的考えである因・縁・果・報の認識をもとに,宗教的達成をめざすための教えであるが,結果的には ...
    世界大百科事典 第2版
  3. 因果応報

    仏教用語。原因としての善い行いをすれば,善い結果が得られ,悪い行いは悪い結果をもたらすとする。善因善果,悪因悪果,三世因果などと表現される。
    ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典