国語辞典の検索結果

4

  1. 呉越同舟

    〔孫子 九地〕 仲の悪い者どうしが同じ場所に居ること。また、行動をともにすること。
    大辞林 第三版
  2. 呉越同舟

    《「孫子」九地から》仲の悪い者どうしが同じ所に居合わせたり、行動を共にしたりすること。また、敵対していてもいざというときには共通の困難や利害のために協力し合うこと。→呉越
    デジタル大辞泉
  3. 楚越同舟

    仲の悪い者どうしが同じ場所・境遇にあること。呉越同舟。
    デジタル大辞泉

英和・和英辞典の検索結果

1

  1. 呉越同舟

    bitter [mortal] enemies in the same boat 両軍メンバーが呉越同舟で同じバスに乗った|The members of the two opposing teams got into the same bu ...
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)

その他の辞典の検索結果

3

  1. 呉越同舟

    仲の悪い者同士や敵味方がいっしょになって行動をともにすること、また、いざという急場には敵味方を忘れて互いに助け合うことをいう。 中国、戦国時代の呉と越の両国は、実力伯仲の好敵手で、「呉越」の語は仲の悪いたとえとされていた。その不倶戴天(ふぐ ...
    日本大百科全書(ニッポニカ)
  2. 解放

    第一次世界大戦直後のデモクラシー思潮を背景として創刊された総合雑誌の一つ。1919年(大正8)5月、大鐙閣(だいとうかく)から創刊。23年9月に終刊。総合雑誌として『改造』や『中央公論』よりも社会主義的で、吉野作造(さくぞう)や黎明(れいめ ...
    日本大百科全書(ニッポニカ)
  3. 大政翼賛会

    日中戦争および太平洋戦争期の官製国民統合団体。近衛文麿(このえふみまろ)を中心とする新体制運動の結果、1940年(昭和15)10月12日に結成された。翼賛会は経済新体制(統制会)、勤労新体制(大日本産業報国会)と並ぶ「高度国防国家体制」の政 ...
    日本大百科全書(ニッポニカ)