国語辞典の検索結果

56

  1. 内膜

    体内器官の内壁をおおう膜組織。心内膜・子宮内膜など。漿膜。
    大辞林 第三版
  2. 内膜

    〘名〙 体内器官の内側の膜。※造化妙々奇談(1879‐80)〈宮崎柳条〉二編「胚珠の胞の、外に生ぜる糸毛(うぶげ)、子宮の内膜(ナイマク)(〈注〉ウチカハ)」
    精選版 日本国語大辞典
  3. 子宮内膜

    〘名〙 子宮内膜が子宮腔以外の場所で増殖する疾患。子宮筋層内で増殖する内性子宮内膜症と、卵巣、子宮後腹膜などで増殖する外性子宮内膜症とがある。過多月経、月経痛などの症状がみられ、不妊の原因となる。
    精選版 日本国語大辞典

英和・和英辞典の検索結果

1

  1. 内膜

    an internal membrane
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)

その他の辞典の検索結果

474

  1. 内膜

    〘名〙 体内器官の内側の膜。※造化妙々奇談(1879‐80)〈宮崎柳条〉二編「胚珠の胞の、外に生ぜる糸毛(うぶげ)、子宮の内膜(ナイマク)(〈注〉ウチカハ)」
    精選版 日本国語大辞典
  2. 子宮内膜

    (3)子宮内膜症 通常は婦人科疾患だが内科領域でも遭遇する.子宮内膜組織が子宮内腔以外の場所に存在する状態.内膜組織自体は正常だが場所が異常なため,性周期に伴って内膜の増殖や剥離が起こり,月経時に出血する.出血すると血液は局所に貯留し,血性 ...
    内科学 第10版
  3. 内膜

    一部動脈内膜も含め心臓の内膜や弁膜に炎症性病変が加わり,急性または慢性の弁の機能障害が生じたり,全身性感染症の病巣となったりする疾患の総称。原因から感染性と非感染性とに分けられ,前者では細菌,真菌,リケッチアが病原体となる。後者には免疫機序 ...
    世界大百科事典 第2版