国語辞典の検索結果

46

  1. 傍若無人

    ( 名 ・形動 ) [文] ナリ 〔「史記刺客伝」より。「傍かたわらに人なきがごとし」の意〕 人前をはばからず勝手に振る舞うこと。他人を無視して思うとおりのことをすること。また、そのさま。 「 -に振る舞う」 「 -な態度」 [派生] -さ ...
    大辞林 第三版
  2. 傍若無人・旁若無人

    〘名〙 (形動) (「傍(かたわら)に人無きが若(ごと)し」の意) 人前をはばからず勝手気ままな言動をすること。また、そのさま。傍若。ぼうじゃくむじん。※中右記‐保安元年(1120)七月二二日「此人容体頗勝人、心性誠叶時、上皇被仰合万事、仍 ...
    精選版 日本国語大辞典
  3. 傍若無人/旁若無人

    [名・形動]《「史記」刺客伝から。「傍(かたわ)らに人無きが若(ごと)し」の意》人のことなどまるで気にかけず、自分勝手に振る舞うこと。また、そのさま。「―な態度に腹が立つ」
    デジタル大辞泉

英和・和英辞典の検索結果

1

  1. 傍若無人

    傍若無人な|〔厚顔な〕audacious, impudent; 〔不遜な〕insolent; 〔傲慢な〕arrogant; 〔節度を越えた〕outrageous 彼の傍若無人な態度には我慢がならない|I cannot put up with ...
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)

その他の辞典の検索結果

38

  1. 傍若無人・旁若無人

    〘名〙 (形動) (「傍(かたわら)に人無きが若(ごと)し」の意) 人前をはばからず勝手気ままな言動をすること。また、そのさま。傍若。ぼうじゃくむじん。※中右記‐保安元年(1120)七月二二日「此人容体頗勝人、心性誠叶時、上皇被仰合万事、仍 ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. 三条公房

    没年:建長1.8.16(1249.9.23) 生年:治承3(1179) 鎌倉前期の貴族。父は左大臣三条実房,母は藤原経宗の娘。公事や故実に詳しい三条家に生まれ,蔵人頭を経て建保6(1218)年に太政大臣にまで至る。承久3(1221)年の承久 ...
    朝日日本歴史人物事典
  3. 申状

    〘名〙① =もうしぶみ(申文)①※東南院文書‐天平神護三年(769)二月一一日・民部省符案「今鎮三綱等、具注二申状一、牒上如レ前」② 中世、訴訟における原告の訴状。本解状。目安。※吾妻鏡‐治承五年(1181)四月二〇日「去年東国御家人安二堵 ...
    精選版 日本国語大辞典