辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典

国語辞典の検索結果

9

  1. 乾坤一擲

    〘名〙 さいころを投げて、天が出るか地が出るかを賭(か)けること。自分の運命をかけるような大仕事、大勝負をすること。一擲乾坤を賭す。いちかばちか。※新版由比正雪(1912)〈小泉三申〉六「御三家の名門、徳川頼宣なる一箇の好英雄を、自家が野心 ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. 乾坤一擲

    運命をかけて大勝負をすること。「乾坤一擲の大企画」
    デジタル大辞泉
  3. 乾坤一擲

    〔韓愈「過二鴻溝一」より。さいころを投げて、天がでるか地がでるかをかける意〕 運命をかけて大きな勝負をすること。 「 -の大事業」
    大辞林 第三版

その他の辞典の検索結果

8

  1. 乾坤一擲

    〘名〙 さいころを投げて、天が出るか地が出るかを賭(か)けること。自分の運命をかけるような大仕事、大勝負をすること。一擲乾坤を賭す。いちかばちか。※新版由比正雪(1912)〈小泉三申〉六「御三家の名門、徳川頼宣なる一箇の好英雄を、自家が野心 ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. 乾坤一擲

    さいころを擲(な)げて、その1回だけの賽(さい)の目に、天が出るか地が出るかを賭(か)けることをいう。「乾坤」は天地のこと。「一擲乾坤を賭(と)す」ともいい、運を天に任せて、のるかそるかの大勝負をすることをいい、中国、唐の韓愈(かんゆ)の「 ...
    日本大百科全書(ニッポニカ)
  3. 乾坤一擲

    サイを投じて天か地か大きな賭けに出る。「イチかバチか」より筋がいい。
    とっさの日本語便利帳