国語辞典の検索結果

98865

  1. 〘名〙① 吉数の三を重ねためでたい数。② 五目並べで、三個連続した石が同時に二個以上できること。禁手とされている。三の三。③ 囲碁で、盤端の第三線と第三線の交点。隅の星から隅に向かい斜め下の点。三の三。④ (「さんざん」とも) 三と三、すな ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. ① 五目並べで、三個続いた石が、同時に二か所できるもの。禁じ手。 ② 碁盤の縦・横の第三線の交点。星から一路盤側寄りで、隅の実利の要所となる所。 ③ 吉数である三が二つ重なるめでたい数。
    大辞林 第三版
  3. 1 吉数とされる三を重ねた、めでたい数。2 五目並べで、三目並んだ石が同時に2か所以上にできること。禁手とされる。3 囲碁で、碁盤の縦・横の縁から数えてそれぞれ第3線の交点。
    デジタル大辞泉

英和・和英辞典の検索結果

133

  1. three 第三|the third 3分の1|a [one-] third 3分の2|two(-)thirds 三度|three times; ((文)) thrice
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)
  2. 九度

    the sipping of sake three times each by a bride and groom from a set of three cups (in a Shinto wedding ceremony) 三々九度の杯 ...
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)
  3. 五五

    娘たちは三々五々教会にやって来た|The girls arrived at the church by [in] twos and threes. 花見客が三々五々桜の下で酒を飲んでいた|The cherry blossom viewers ...
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)

その他の辞典の検索結果

191241

  1. 〘名〙① 吉数の三を重ねためでたい数。② 五目並べで、三個連続した石が同時に二個以上できること。禁手とされている。三の三。③ 囲碁で、盤端の第三線と第三線の交点。隅の星から隅に向かい斜め下の点。三の三。④ (「さんざん」とも) 三と三、すな ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. 尺・

    〘名〙 (「三三九」は当て字) 流鏑馬(やぶさめ)の的(まと)の名。的串(まとぐし)の高さが三尺(約九〇センチメートル)のもの。さんざんく。※新猿楽記(1061‐65頃)「中君夫天下第一武者也。合戦、夜討〈略〉八的、三三九手狭等上手也」
    精選版 日本国語大辞典
  3. [1] 〘名〙① 年齢の三三歳をいう。女性の大厄年にあたる。〔和漢三才図会(1712)〕② 「さんじゅうさんじん(三十三身)」の略。※浄瑠璃・曾根崎心中(1703)「くさのはすはなよにまじり、卅三に御身をかへ」[2] 「さんじゅうさんげんど ...
    精選版 日本国語大辞典