国語辞典の検索結果

672

  1. 三百目・三百

    〘名〙 一匁の三〇〇倍。特に銀貨で一匁の三〇〇倍。金五両にあたり、江戸時代の間男の示談料とされた。※浮世草子・好色一代男(1682)一「はやしに一ばい三百目の借り手形」※浄瑠璃・心中二つ腹帯(1722)二「をを女房の開帳なら先づ三百目持って ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. 三百

    〘名〙① 一〇〇の三倍。転じて、数の多いこと。※菅家文草(900頃)二・八月釈尊聴講孝経賦秋学礼「過レ庭無レ父感レ秋時、三百三千更問レ誰」※平家(13C前)四「三百余騎、一騎もながさずむかへの岸へざっとわたす」 〔礼記‐中庸〕② 銭、三〇〇 ...
    精選版 日本国語大辞典
  3. 三百

    ちょっと触れたばかりで三百文の損をすること。なまじっかかかわりあったために思いがけない損害をこうむること。さわり三百目。※俳諧・毛吹草(1638)六「落す葉やさはり三百木々のかぜ〈安明〉」
    精選版 日本国語大辞典

英和・和英辞典の検索結果

2

  1. 三百

    three hundred 三百年祭|a tercentenary/a three-hundredth anniversary
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)
  2. 三百代言

    a pettifogger; ((口)) a shyster 三百代言をやる|pettifog
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)

その他の辞典の検索結果

819

  1. 三百目・三百

    〘名〙 一匁の三〇〇倍。特に銀貨で一匁の三〇〇倍。金五両にあたり、江戸時代の間男の示談料とされた。※浮世草子・好色一代男(1682)一「はやしに一ばい三百目の借り手形」※浄瑠璃・心中二つ腹帯(1722)二「をを女房の開帳なら先づ三百目持って ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. 三百

    〘名〙① 一〇〇の三倍。転じて、数の多いこと。※菅家文草(900頃)二・八月釈尊聴講孝経賦秋学礼「過レ庭無レ父感レ秋時、三百三千更問レ誰」※平家(13C前)四「三百余騎、一騎もながさずむかへの岸へざっとわたす」 〔礼記‐中庸〕② 銭、三〇〇 ...
    精選版 日本国語大辞典
  3. 三百

    ちょっと触れたばかりで三百文の損をすること。なまじっかかかわりあったために思いがけない損害をこうむること。さわり三百目。※俳諧・毛吹草(1638)六「落す葉やさはり三百木々のかぜ〈安明〉」
    精選版 日本国語大辞典