国語辞典の検索結果

44

  1. 万象

    さまざまの形。形あるすべてのもの。「森羅万象」「暮色は今しも―を包去ろうとする」〈柳浪・骨ぬすみ〉
    デジタル大辞泉
  2. 万象

    (天地・宇宙に存在する)さまざまの形。あらゆる事物。 「森羅しんら-」
    大辞林 第三版
  3. 篆隷万象名義

    平安初期の字書。空海著。六帖三〇巻。九世紀前半の成立。中国の字書「玉篇」を抜粋したもの。約一万六千字を部首によって五四二部に分け、音注・意義を漢字で付す。見出しに篆書と隷書を掲げる。現存最古の漢字字書。五・六帖は空海とは別人の手によると考え ...
    大辞林 第三版

英和・和英辞典の検索結果

1

  1. 森羅万象

    all things in the universe
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)

その他の辞典の検索結果

156

  1. 万象

    世界大百科事典 第2版
  2. 万象

    江戸後期の戯作者(げさくしゃ)、狂歌師。蘭学(らんがく)者森島中良の戯号。森羅万象(しんらまんぞう)、竹杖為軽(たけづえすがる)とも称した。通称甫粲(ほさん)、甫斎。家は代々江戸幕府の奥医師を務めた桂川(かつらがわ)家で、4代目甫周の実弟に ...
    日本大百科全書(ニッポニカ)
  3. 羽根万象

    1919-2007 昭和後期-平成時代の日本画家。大正8年2月19日生まれ。伊東深水に師事,朗峰画塾にまなぶ。昭和22年日展に初入選,35年「ビル街」で特選,40年「陽明門」が菊華賞。日展参与,水虹会絵画研究所所長をつとめた。平成19年8月 ...
    デジタル版 日本人名大辞典+Plus