辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典

国語辞典の検索結果

5

  1. モンテクリスト伯

    デュマ① の長編小説。1844~45年刊。無実の罪で投獄されたエドモン=ダンテスが、脱獄後、巨万の財宝を手に入れ、モンテ=クリスト伯と名乗って、仇敵に次々と復讐を果たす。 → 巌窟王
    大辞林 第三版
  2. モンテクリスト伯

    《原題、〈フランス〉Le Comte de Monte-Cristo》大デュマの長編小説。1844~1845年刊。無実の罪で投獄された青年エドモン=ダンテスが脱獄してモンテクリスト島の宝を手に入れ、モンテクリスト伯と名のり、復讐計画を次々に ...
    デジタル大辞泉
  3. 巌窟王

    黒岩涙香(くろいわるいこう)の翻訳小説。原作はデュマの「モンテクリスト伯」。明治34年(1901)から明治35年(1902)にかけて発表。
    デジタル大辞泉

その他の辞典の検索結果

8

  1. モンテクリスト伯

    2009年初演のミュージカル。原題《The Count of Monte Cristo》。作詞・脚本:ジャック・マーフィー、作曲:フランク・ワイルドホーン。アレクサンドル・デュマ(大デュマ)の同名の長編小説を題材とする。日本では2013年に ...
    デジタル大辞泉プラス
  2. モンテ・クリスト伯

    フランスの作家アレクサンドル・デュマ(父)の長編小説。1844~45年発表。長い航海を終えてマルセイユに帰港した、誠実で健康な若い船乗りエドモン・ダンテスには、船長への昇進、相思相愛の仲のメルセデスとの結婚の二つが控え、洋々たる人生が開けよ ...
    日本大百科全書(ニッポニカ)
  3. モンテクリスト[島]

    イタリア中部,ティレニア海上,トスカナ諸島中の島。面積10.39km2。最高点は標高645m,〈自然保護地区〉となっている無人島。デュマ(父)の《モンテ・クリスト伯》の舞台として有名。
    百科事典マイペディア
モンテクリスト伯をYahoo!サービスで再検索:
知恵袋
ウェブ
画像