辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典

国語辞典の検索結果

1

  1. パパントラ

    メキシコ、ベラクルス州の都市。世界遺産(文化遺産)に登録されたエル‐タヒン遺跡の観光拠点として知られる。現在もトトナカ族の文化や習慣が残されている。
    デジタル大辞泉

その他の辞典の検索結果

15

  1. トトナカ

    メキシコ中東部、ベラクルス州中部のメキシコ湾岸からプエブラ州北部の山間部にかけて居住する民族集団。言語はマヤ・トトナカ語群トトナカ語族。5歳以上の人口は約12万5000人(1970)。 紀元600年ごろ、現在のエル・タヒン遺跡を中心に古典期 ...
    日本大百科全書(ニッポニカ)
  2. トトナカ

    メキシコ東部,プエブラ州からベラクルス州にかけて居住する農耕民。かつてはエルタヒン遺跡に代表される高度のベラクルス文化を生み出した。 H.コルテスのアステカ帝国征服に際し積極的に協力し,平和的にスペインの支配下となった数少い民族の一つ。寒冷 ...
    ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
  3. トトナカ文化

    メキシコ湾岸,ベラクルス州中央部に展開した古代トトナコの文化。最初にオルメカ文化と,次にテオティワカン文化と密接な関係をもち,そうした文化伝統の上に,6世紀ころ独特の文化を開花させた。トトナカTotonaca文化の最大の中心はエル・タヒンE ...
    世界大百科事典 第2版