国語辞典の検索結果

34

  1. ハイデルベルク人

    〘名〙 一九〇七年、ドイツのハイデルベルク市近郊のマウェルで、下顎の化石骨が発見された第二間氷期の人類。頑丈な原始型の下顎で、歯は人類の特徴をもつ。
    精選版 日本国語大辞典
  2. ハイデルベルク人

    1907年、ハイデルベルク近くのマウエルで下顎骨が発見された化石人類。原人と考えられている。
    大辞林 第三版
  3. ハイデルベルク人

    1907年、ハイデルベルク近郊で下顎(かがく)骨が発見された化石人類。現在は原人と考えられている。
    デジタル大辞泉

英和・和英辞典の検索結果

1

  1. ハイデルベルク

    (独) 〔都市〕Heidelberg
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)

その他の辞典の検索結果

1007

  1. ハイデルベルク人

    〘名〙 一九〇七年、ドイツのハイデルベルク市近郊のマウェルで、下顎の化石骨が発見された第二間氷期の人類。頑丈な原始型の下顎で、歯は人類の特徴をもつ。
    精選版 日本国語大辞典
  2. ハイデルベルク人

    化石人類の一つ。1907年にハイデルベルクHeidlberg近郊のマウアーの砂利採取場で発見された下顎骨による命名。出土層は中期洪積世に属し,大きく頑丈な原人型の下顎骨だが,歯の形はむしろネアンデルタール人に似ている。
    百科事典マイペディア
  3. スカンデルベ

    アルバニア史上の民族英雄。カニナのカストリオティ家の出身で、母はセルビア人有力者の娘。父の居城がトルコに占領され、11歳で人質としてコンスタンティノープル(現イスタンブール)に送られ、イスラム教徒になり、トルコ名イスカンデルを与えられた。ア ...
    日本大百科全書(ニッポニカ)