辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典

国語辞典の検索結果

2

  1. 軟性下疳

    〘名〙 性病の一つ。感染後二~三日の潜伏期をおいて感染局部に紅色の丘疹が現われ、崩壊して粟粒大の潰瘍をつくる。ふつう二~三週間で瘢痕を残して治癒する。病原体はデュクレー桿菌。〔新しき用語の泉(1921)〕
    精選版 日本国語大辞典
  2. 軟性下疳

    デュクレー軟性下疳菌の感染による性病。感染後二、三日で外陰部に紅色丘疹を生じ、膿疱、潰瘍を経て瘢痕はんこんとなる。潰瘍は分泌物が多くてやわらかく二次感染を起こしやすい。多くは鼠径そけいリンパ節が腫れて痛む。 → 硬性下疳
    大辞林 第三版

その他の辞典の検索結果

8

  1. デュクレー,A.

    世界大百科事典 第2版
  2. デュクレー

    イタリアの皮膚科学者。ナポリ大学・ローマ大学教授。性病の一種の軟性下疳(げかん)の病原菌(学名Haemophilus ducreyi)の発見者。1889年、軟性下疳分泌物中に特異な形態の小桿菌(かんきん)をみつけ、この菌を含む分泌物を人の前 ...
    日本大百科全書(ニッポニカ)
  3. A. デュクレー

    1860 - 1940 イタリアの皮膚科学者。 元・ナポリ大学教授,元・ローマ大学教授。 1889年に軟性下疳分泌物中に特異な形態の小桿菌を発見した。これは性病の一種である軟性下疳の病原菌である。これを1900年に人から人へ15代継代接種し ...
    20世紀西洋人名事典