国語辞典の検索結果

19

  1. デメテル

    (Dēmētēr)⸨デメーテル⸩ ギリシア神話の大地の女神。穀物の豊穰をつかさどる農耕神とされる。ローマ神話ではケレス。〔現代日用新語辞典(1920)〕
    精選版 日本国語大辞典
  2. デメテル

    ギリシャ神話のオリンポス十二神の一。穀物豊穣の女神。冥府の女王ペルセフォネの母。ギリシャ各地でまつられたが、アッティカのエレウシスの秘儀が古より名高く、崇拝の中心であった。ローマ神話ではケレスと同一視される。
    大辞林 第三版
  3. デメテル

    ギリシャ神話で、穀物および大地の生産物の女神。ゼウスとの間に娘ペルセフォネを生んだ。エレウシスの祭神としても有名。ローマ神話のケレスにあたる。
    デジタル大辞泉

英和・和英辞典の検索結果

1

  1. デメテル

    Demeter (ギ神); クロノスとレアの娘,大地の母神,ローマ神話ではケレス
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)

その他の辞典の検索結果

67

  1. デメテル

    ギリシア神話で,大地の実り,とりわけ麦の豊穣をつかさどる女神。その名のうち,mētērは〈母〉の意。dēについては〈大地〉または〈麦〉とする説があるものの,確かではない。ローマ人からはケレスと同一視された。クロノスとレアの娘で,冥府の女王ペ ...
    世界大百科事典 第2版
  2. デメテル

    (Dēmētēr)⸨デメーテル⸩ ギリシア神話の大地の女神。穀物の豊穰をつかさどる農耕神とされる。ローマ神話ではケレス。〔現代日用新語辞典(1920)〕
    精選版 日本国語大辞典
  3. デメテル

    ギリシア神話の穀物の女神。メテルとは「母」を意味し、デは未詳ながら大地、または大麦と関連する語と考えられている。つまり、大地の生産力、とくに穀類を育てる力を神格化したものであろう。古代ローマではケレスと同一視された。娘のコレKore(「少女 ...
    日本大百科全書(ニッポニカ)