国語辞典の検索結果

213

  1. アルテミ

    ブライン━シュリンプの学名。
    大辞林 第三版
  2. テミ

    (Themis) ギリシア神話の女神。「掟」の意で、正義や秩序をつかさどる。ゼウスの二番目の妻で、アポロンに予言の術を授けたともされる。
    精選版 日本国語大辞典
  3. アルテミス神殿

    《Artemis Tapınağı》トルコ西部の町セルチュク(古代都市エフェソス)にあった神殿。紀元前6世紀半ば、豊穣の神アルテミスを祭る神殿として建造。アテネのパルテノン神殿の倍近くの規模を誇り、その壮麗さから古代世界七不思議の一つに数え ...
    デジタル大辞泉

英和・和英辞典の検索結果

2

  1. アルテミ

    Artemis (ギ神); 自然・狩猟・処女性の女神,ローマ神話ではディアナ
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)
  2. トーテミズム

    totemism
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)

その他の辞典の検索結果

651

  1. テミ

    世界大百科事典 第2版
  2. テミス族

    小惑星の集り。軌道長半径,離心率,軌道傾斜のほぼ等しい小惑星の集りを族と呼び,周期が木星周期と簡単な整数比をなす関係にある群 (トロヤ群,ヒルダ群 ) と区別する。 1918年平山清次は,小惑星にテミス族,エオス族,コロニス族,マリア族,フ ...
    ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
  3. テミ

    ギリシア神話の女神。ティタン神の1人で、ゼウスの妻となってホーラ(季節)、モイラ(運命)、エウノミア(秩序)、ディケ(正義)、エイレネ(平和)を生むが、これらの擬人神の誕生は、おそらく最高神ゼウスの機能を示す縁起譚(たん)であろう。一説には ...
    日本大百科全書(ニッポニカ)