辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典

国語辞典の検索結果

4

  1. ブムタン

    ブータン中部の県、および歴史的地方名。ウラ、チョコル、チュメ、タンの四つの谷からなる。古くからチベット仏教の高僧が訪れ、仏教文化が広まった地として知られ、霊場や聖地が多い。中心地チョコルに、17世紀半ばに建造された城ジャカルゾンがある。
    デジタル大辞泉
  2. ドゥル

    ブータン中部、ブムタン地方の村。チョコルの谷の支流沿いに位置する。遊牧民ドゥルドゥクが居住し、この村のみに残るブロカット語が話されている。近郊の山中に温泉がある。
    デジタル大辞泉
  3. クジェラカン

    ブータン中部、ブムタン地方のチョコルの谷にあるブータン王室ゆかりの寺院。17世紀半ばに建立。高僧パドマサンババが瞑想したとき、クジェ(御影(ごえい))が焼きついたとされる岩窟があり、重要な霊場として知られる。同国最大級のパドマサンババの像を ...
    デジタル大辞泉

その他の辞典の検索結果

3

  1. チョコル

    [生]1885.9.6. ウィーン[没]1969.1.5. ウィーンオーストリアの劇作家,小説家。オーストリア表現主義を代表する劇作家。 1938年に国外に亡命。戯曲『知恵の木』 Der Baum der Erkenntnis (1919) ...
    ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
  2. ジェームズ

    [生]1842.1.11. ニューヨーク[没]1910.8.26. ニューハンプシャー,チョコルアアメリカの哲学者,心理学者,いわゆるプラグマティズムの指導者。小説家 H.ジェームズの兄。 1861年ハーバード大学理学部へ入学,のち同大学の ...
    ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
  3. ジェームズ

    アメリカの哲学者、心理学者。宗教思想家ヘンリー・ジェームズHenry James(1811―1882)の長男としてニューヨーク市に生まれる。小説家ヘンリー・ジェームズの兄。ハーバード大学で最初に化学、ついで比較解剖学と生理学を学び、さらに医 ...
    日本大百科全書(ニッポニカ)