辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典

国語辞典の検索結果

51

  1. エミール

    (原題Émile ou de l'Éducation) ルソーの教育小説。一七六二年発表。別名「教育について」。孤児エミールの出生から青年期にいたるまで、人為的教育を排し、自然に従い人間の本性を尊重する教育法を小説の形式を借りて述べている。 ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. エミール

    少年エミールを主人公とするルソーの小説風教育論。1762年刊。個性尊重の自由主義教育を主張し、ペスタロッチをはじめ、のちの教育論に大きな影響を与えた。
    大辞林 第三版
  3. エミールと探偵たち

    《原題、〈ドイツ〉Emil und die Detektive》ドイツの詩人・小説家、ケストナーによる児童文学作品。1929年刊行。ノイシュタットからベルリンの祖母の家を訪ねる途中の列車で金をすられた少年エミールが、ベルリンの町の少年たちの ...
    デジタル大辞泉

その他の辞典の検索結果

397

  1. エミール

    フランスの思想家、小説家ジャン・ジャック・ルソーの作品。副題「教育について」が示すように、ルソーの教育論と考えられているが、もっと広く、ルソーの人間観、社会観を全面的に展開した代表作の一つ。1762年刊。作品は5編からなり、第1編は5、6歳 ...
    日本大百科全書(ニッポニカ)
  2. エミール

    世界大百科事典 第2版
  3. エミール

    (原題Émile ou de l'Éducation) ルソーの教育小説。一七六二年発表。別名「教育について」。孤児エミールの出生から青年期にいたるまで、人為的教育を排し、自然に従い人間の本性を尊重する教育法を小説の形式を借りて述べている。 ...
    精選版 日本国語大辞典