辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典

国語辞典の検索結果

1

  1. 吠える

    《原題Howl》ギンズバーグの詩。1955年、サンフランシスコで行われた朗読会で発表後、他の詩編とともに翌年刊行。その際に、わいせつ文書にあたるとして告訴されるが、1957年に無罪判決となった。
    デジタル大辞泉

その他の辞典の検索結果

25

  1. わいせつ

    猥褻(わいせつ)な行為を行い性的自由または性道徳を害する罪。本罪の本質刑法第二編第22章の「わいせつ、強制性交等及び重婚の罪」の章は以下のような猥褻行為に関する罪を設けている。公然わいせつ罪(174条)、わいせつ物頒布等罪(175条)、強制 ...
    日本大百科全書(ニッポニカ)
  2. 岩田 誠

    昭和期の裁判官 元・最高裁判事。 生年明治35(1902)年11月26日 没年昭和60(1985)年2月9日 出生地東京 学歴〔年〕東京帝大法学部〔大正15年〕卒 主な受賞名〔年〕勲一等瑞宝章〔昭和48年〕 経歴東京高裁判事、静岡地・家裁所 ...
    20世紀日本人名事典
  3. チャタレー裁判

    D.H.ロレンスの《チャタレー夫人の恋人》を伊藤整が日本語訳した出版物が猥褻(わいせつ)文書であるか否かで争われた裁判。1950年訳者伊藤整と発行者小山久二郎が猥褻文書販売罪で起訴され,一審では小山だけが有罪。二審では両者とも罰金10万円。 ...
    百科事典マイペディア