国語辞典の検索結果

5728

  1. ものの

    ( 接助 ) 〔形式名詞「もの」に格助詞「の」が付いたものから。中古以降の語〕 活用語の連体形に接続する。 ① ある事柄や状態の存在または成立をいちおう認めながらも、それに対立する、または、それにそぐわない事柄や状態が成立するというとき、前 ...
    大辞林 第三版
  2. ものの

    〘接助〙 (名詞「もの」に格助詞「の」の付いてできたもの) 活用語の連体形を受け、逆接を表わす。…ものではあるけれど。※古今(905‐914)恋四・七一六「うつせみの世の人言の繁ければ忘れぬ物の離(か)れぬべらなり〈よみ人しらず〉」※蓼喰ふ ...
    精選版 日本国語大辞典
  3. ものの

    [接助]《形式名詞「もの」+格助詞「の」から》活用語の連体形に付く。逆接の確定条件を表す。…けれども。…とはいえ。「習いはしたものの、すっかり忘れてしまった」「新機軸を打ち出したものの、採用はされなかった」「をかしき―、さすがにあはれと聞き ...
    デジタル大辞泉

英和・和英辞典の検索結果

2

  1. ものの

    ((接続助詞))〔けれども〕 私の知ったことではない.とはいうもののやはり悲しいよ|It's none of my business. But I am grieved nevertheless.
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)
  2. とは言うものの

    近いとは言うものの車で20分はみておかなければならない|Though it is not very far, you have to allow twenty minutes by car. とは言うものの彼も60過ぎだから体には気を付けた ...
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)

その他の辞典の検索結果

12401

  1. ものの

    〘接助〙 (名詞「もの」に格助詞「の」の付いてできたもの) 活用語の連体形を受け、逆接を表わす。…ものではあるけれど。※古今(905‐914)恋四・七一六「うつせみの世の人言の繁ければ忘れぬ物の離(か)れぬべらなり〈よみ人しらず〉」※蓼喰ふ ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. ものの

    世界大百科事典 第2版
  3. とはいうものの

    ⇒とは言うものの
    精選版 日本国語大辞典