国語辞典の検索結果

9

  1. みみっちい

    ( 形 ) しみったれている。けち臭い。 「それぐらいの金で-・いことを言うな」 [派生] -さ ( 名 )
    大辞林 第三版
  2. みみっちい

    〘形口〙 けちくさい。しみったれている。また、気が細かい。細心である。※雑俳・柳多留‐一六(1781)「みみっちく張りゃれとせなあ坪をふせ」※久本氏(1907)〈真山青果〉一「陰気な事やみみっちい事の大嫌ひな方で」みみっち‐げ〘形動〙みみっ ...
    精選版 日本国語大辞典
  3. みみっちい

    [形]細かくて、けちくさい。しみったれている。「―・い料簡」[派生]みみっちさ[名]
    デジタル大辞泉

英和・和英辞典の検索結果

1

  1. みみっちい

    mean; 〔金銭的に〕stingy みみっちい根性|a mean spirit みみっちい考え|a petty [narrow-minded] idea みみっちい分け前|a stingy portion
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)

その他の辞典の検索結果

6

  1. みみっちい

    〘形口〙 けちくさい。しみったれている。また、気が細かい。細心である。※雑俳・柳多留‐一六(1781)「みみっちく張りゃれとせなあ坪をふせ」※久本氏(1907)〈真山青果〉一「陰気な事やみみっちい事の大嫌ひな方で」みみっち‐げ〘形動〙みみっ ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. せこい

    〘形口〙① 悪い。醜い。下手である。また、少ない、無い。役者・寄席芸人仲間で用いる。※初すがた(1900)〈小杉天外〉二「巧いね。是ぢゃ、喜代寿の三糸でも決して拙(セコ)か無いね」② ずるい、素早いの意の俗語。〔現代用語辞典(1925)〕③ ...
    精選版 日本国語大辞典
  3. 裏を返す

    ① 遊里で初めてあげた遊女を二度目に呼ぶ。裏壁かえす。※随筆・麓の色(1768)三「裏をかへすは壁を塗より出たる俗諺なるべし」※落語・居残り佐平次(1919)〈初代柳家小せん〉「遊びをして再会(ウラ)を返さないのはお客の恥」② 同じ事を重ね ...
    精選版 日本国語大辞典