辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典

国語辞典の検索結果

15

  1. ぼくぼく

    [1] 〘副〙 (「と」を伴って用いることもある)① =ほくほく(一)①※玉塵抄(1563)一九「ぼくぼくとあえうでおそいぞ。ことに足がなえては、一向のことぞ」② =ほくほく(一)③※踊之著慕駒連(1854‐61頃)「縫物するにもボクボク居 ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. ぼくぼく

    [副](スル)1 土などが乾いてやわらかく崩れそうなさま。「ぼくぼく(と)した土」2 「ほくほく3」に同じ。「馬―我を絵に見る夏野かな」〈蕉翁句集〉
    デジタル大辞泉
  3. ぼくぼく

    ( 副 ) スル ① 土などが乾いて崩れやすいさま。 「土は-していて、春先はほこりがひどい」 ② 杖などをつく音を表す語。また、ゆっくり歩くさま。 「一僕と-ありし花見かな/山の井」
    大辞林 第三版

その他の辞典の検索結果

13

  1. ぼくぼく

    [1] 〘副〙 (「と」を伴って用いることもある)① =ほくほく(一)①※玉塵抄(1563)一九「ぼくぼくとあえうでおそいぞ。ことに足がなえては、一向のことぞ」② =ほくほく(一)③※踊之著慕駒連(1854‐61頃)「縫物するにもボクボク居 ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. 琵琶牧々(ぼくぼく)

    江戸時代の画家、鳥山石燕(せきえん)の画集「画図百器徒然袋」に描かれた妖怪。付喪神(つくもがみ)の一種で、琵琶が琵琶法師の姿に化けたもの。
    デジタル大辞泉プラス
  3. 穆穆

    〘形動タリ〙① むつまじいさま。なごやかで親しいさま。※慈雲短篇法語(1804)「家に在て家門穆々」 〔書経‐呂刑〕② うやうやしいさま。敬いつつしむさま。※性霊集‐六(835頃)弘仁太上奉為桓武皇帝講御札法花経達「四門穆々、多士済々」 〔 ...
    精選版 日本国語大辞典