辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典

国語辞典の検索結果

18

  1. 蛇苺

    〘名〙 バラ科の多年草。各地の原野、路傍に生える。茎は地上をはい、長さは約一メートル。葉は三出複葉で長い柄があり、各小葉は長さ約三センチメートルの倒卵状円形で縁にあらい鋸歯(きょし)がある。春、葉腋から花柄を出し、その先に小さな黄色い五弁花 ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. 雄蛇苺

    〘名〙 バラ科の多年草。本州、四国、九州の原野の水湿地や田圃の畔などに生える。茎は地上をはい、全体に伏毛が生じる。根生する葉は長い柄があり、掌状で、縁に荒い鋸歯(きょし)がある。初夏、黄色い小さな五弁の花がやや密に集まって咲く。葉の煎じ汁は ...
    精選版 日本国語大辞典
  3. 蛇苺・蛇莓

    バラ科の多年草。道端や草地、田の畦あぜなどに多い。茎は地上をはう。葉は三葉からなり、小葉は楕円形で鋸歯がある。四、五月、黄色の五弁花をつける。果実は径約1センチメートルの球形で赤い。無毒。クチナワイチゴ。ドクイチゴ。 [季] 夏。
    大辞林 第三版

その他の辞典の検索結果

27

  1. へびいちごをめしあがれ

    森忠明、ユノセイイチによる絵本作品。1986年刊行。1987年、新美南吉児童文学賞受賞。
    デジタル大辞泉プラス
  2. 蛇苺

    〘名〙 バラ科の多年草。各地の原野、路傍に生える。茎は地上をはい、長さは約一メートル。葉は三出複葉で長い柄があり、各小葉は長さ約三センチメートルの倒卵状円形で縁にあらい鋸歯(きょし)がある。春、葉腋から花柄を出し、その先に小さな黄色い五弁花 ...
    精選版 日本国語大辞典
  3. 雄蛇苺

    〘名〙 バラ科の多年草。本州、四国、九州の原野の水湿地や田圃の畔などに生える。茎は地上をはい、全体に伏毛が生じる。根生する葉は長い柄があり、掌状で、縁に荒い鋸歯(きょし)がある。初夏、黄色い小さな五弁の花がやや密に集まって咲く。葉の煎じ汁は ...
    精選版 日本国語大辞典