国語辞典の検索結果

17

  1. ぷっつり

    〘副〙① =ふっつり①※落語・裏の裡愛妾の肚(1889)〈五代目翁家さん馬〉「島田あたまを根からプッツリ切り」※漫談集(1929)飛行機の話〈大辻司郎〉「プッツリと電話は切れた」② =ふっつり②※福翁自伝(1899)〈福沢諭吉〉緒方の塾風「 ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. ぷっつり

    [副]1 「ふっつり1」に同じ。「ギターの弦がぷっつり(と)切れる」2 「ふっつり2」に同じ。「消息がぷっつり(と)途絶える」3 「ぶっつり3」に同じ。「つひしか―ともおっしゃりません」〈滑・浮世風呂・二〉
    デジタル大辞泉
  3. ぷっつり

    ( 副 ) ① 「ふっつり① 」に同じ。 「紐ひもを引いたら-(と)切れた」 ② 「ふっつり② 」に同じ。 「あの騒ぎ以後-(と)姿を見せなくなった」 「 -(と)思い切った」 ③ ごく小さなものが一つだけあるさま。 「つひしか-ともおつし ...
    大辞林 第三版

英和・和英辞典の検索結果

1

  1. ぷっつり

    I 〔ひもなどが切れる様子〕 糸がぷっつりと切れた|The thread snapped [broke off]. 縄は真ん中でぷっつり切られていた|The rope had been severed [cut] in the middle ...
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)

その他の辞典の検索結果

10

  1. ぷっつり

    〘副〙① =ふっつり①※落語・裏の裡愛妾の肚(1889)〈五代目翁家さん馬〉「島田あたまを根からプッツリ切り」※漫談集(1929)飛行機の話〈大辻司郎〉「プッツリと電話は切れた」② =ふっつり②※福翁自伝(1899)〈福沢諭吉〉緒方の塾風「 ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. ちょん切

    〘自ラ下一〙 つながっているものが、無造作にぷっつりと切り離される。※今年竹(1919‐27)〈里見弴〉小さな命「そのところどころちょん切れてゐる弧線を」
    精選版 日本国語大辞典
  3. ふつに

    〘副〙 (「ふつ」は擬声語か) 刃物などで物を切断するさまを表わす語。ぷっつりと。※常陸風土記(717‐724頃)行方「臨(ふつに)斬ると言ひし所は今、布都奈(ふつな)の村と謂ひ」
    精選版 日本国語大辞典