辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典

国語辞典の検索結果

138

  1. ふざける

    ( 動カ下一 ) [文] カ下二 ふざ・く ① 冗談を言ったり、おどけたことをしたりする。 「 - ・けて言ったこと」 ② 子供などが浮かれて騒ぎまわる。 「もう-・けるのはやめなさい」 ③ (「ふざけた」「ふざけている」の形で)人を馬鹿に ...
    大辞林 第三版
  2. ふざける

    〘自カ下一〙 ふざ・く 〘自カ下二〙 米などが水を含んで、ふやけて腐る。※名語記(1275)八「水にぬれてふさく如何、ほゆ、さま、カスの反」
    精選版 日本国語大辞典
  3. ふざける

    [動カ下一][文]ふざ・く[カ下二]1 おどけたり冗談を言ったりする。「―・けて怒ったふりをする」2 子供などがたわむれて騒ぐ。「子犬が―・けて跳ね回る」3 男女がたわむれる。いちゃつく。「人前もはばからず―・ける」4 ばかにする。「―・け ...
    デジタル大辞泉

その他の辞典の検索結果

70

  1. ふざける

    〘自カ下一〙 ふざ・く 〘自カ下二〙 米などが水を含んで、ふやけて腐る。※名語記(1275)八「水にぬれてふさく如何、ほゆ、さま、カスの反」
    精選版 日本国語大辞典
  2. いけ巫山戯

    〘自カ下一〙 (「いけ」は接頭語) ひどくふざける。無作法にふるまう。※洒落本・多荷論(1780)「女ながらもいけふざけた、ろくにいやすと」
    精選版 日本国語大辞典
  3. 巫山戯

    〘自カ下一〙 ふざ・く 〘自カ下二〙 (「巫山戯」は当て字)① たわむれる。たわける。(イ) 遊里などで、浮かれて騒ぐ。遊び騒ぐ。※歌舞伎・五大力恋緘(1793)三「おっと今宵は身共が立てぢゃ、松坂屋で戯(フザ)けめされ」(ロ) 冗談を言っ ...
    精選版 日本国語大辞典