辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典

国語辞典の検索結果

56

  1. 閃めく

    〘自カ五(四)〙 (「めく」は接尾語)① 光が瞬間的にひかって消える。ぴかっと一瞬ひかる。きらめく。※新井本竹取(9C末‐10C初)「神は落ちかかるやうにひらめく」② 顔色が赤くなる。※幸若・鎌田(室町末‐近世初)「盃の数もかさなれは、さし ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. 脳裏に閃く

    急に考えつく。突如として思い浮かべる。※猟銃(1949)〈井上靖〉彩子の手紙「やがてその言葉の意味の重大さがちかりと私の脳裏にひらめくと」
    精選版 日本国語大辞典
  3. 閃く

    ( 動カ五[四] ) ① きらきらと輝く。きらめく。 「稲妻が-・く」 「眼を見れば電光のやうに-・き/宇治拾遺 8」 ② 旗などがひらひらとする。 「幟のぼりが-・く」 ③ 瞬間的にある考えが脳裏をかすめる。 「名案が-・く」
    大辞林 第三版

その他の辞典の検索結果

29

  1. 閃めく

    〘自カ五(四)〙 (「めく」は接尾語)① 光が瞬間的にひかって消える。ぴかっと一瞬ひかる。きらめく。※新井本竹取(9C末‐10C初)「神は落ちかかるやうにひらめく」② 顔色が赤くなる。※幸若・鎌田(室町末‐近世初)「盃の数もかさなれは、さし ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. 脳裏に閃く

    急に考えつく。突如として思い浮かべる。※猟銃(1949)〈井上靖〉彩子の手紙「やがてその言葉の意味の重大さがちかりと私の脳裏にひらめくと」
    精選版 日本国語大辞典
  3. 閃影

    〘名〙 ひらめくかげ。
    精選版 日本国語大辞典