辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典

国語辞典の検索結果

1110

  1. ひげ公の城

    《原題、〈ハンガリー〉A kékszakállú herceg vára》バルトークのハンガリー語によるオペラ。全1幕。1918年初演。台本はバラージュ=ベーラ。ペローの童話「青髯」などに描かれた、青ひげ伝説に基づく。
    デジタル大辞泉
  2. ひげの城にて

    《原題In Bluebeard's Castle》スタイナーの評論。1971年刊。 T=S=エリオット記念講演を活字化したもの。
    デジタル大辞泉
  3. ひげ

    〘名〙 (「」は、かたよったの意) かたよって正しくない言論。※雑話筆記(1719‐61)上「邪辞言を以て寖(ようや)く俗を惑はすに至るゆへ」
    精選版 日本国語大辞典

その他の辞典の検索結果

1939

  1. ひげ

    広義には動物の口縁部に生える触毛のこと。狭義にはヒトの顔毛のことをいい,髭 (くちひげ) moustache,鬚 (あごひげ) beard,髯 (ほおひげ) whiskersの3種に分れる。人種によって顔毛の生え方が異なり,一般にコーカソイ ...
    ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
  2. ひげ

    髭、鬚、髯の文字を書いて「ひげ」と読むが、男性の口の上、ほお、あごなどに生える硬い毛のことをいう。本来は三字とも意味が違う。髭(し)は口ひげ、鬚(しゅ)はあごひげ、髯(ぜん)はほおひげのことである。薄い口ひげは動物の名を借りて泥鰌(どじょう ...
    日本大百科全書(ニッポニカ)
  3. ひげ徳利

    バルトマン (バルトメンヘン) とも称する。ドイツ,オーストリア製のストーンウェア。ライン地方,特にケルンで 16~17世紀に作られ,主としてぶどう酒用の瓶に用いられた。「ひげのある壺 (人) 」の意で,瓶の首に,長く垂れたひげのある顔の浮 ...
    ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典