辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典

国語辞典の検索結果

615

  1. はけ

    〘名〙 北海道・東北、関東から西の方にかけて、丘陵山地の片岸をいう地形名。地名になったものも多い。※武蔵野夫人(1950)〈大岡昇平〉一「土地の人は何故そこが『はけ』と呼ばれるかを知らない」
    精選版 日本国語大辞典
  2. はけ

    〘名〙 祭日の折、当屋(とうや)の家の前に、清浄であることの印として立てる標識。当屋が神宿であることの標示物で、ふつうの形は、青竹の先に御幣や神符をつけ、土壇を設ける場合もある。※幸若・ほり川(室町末‐近世初)「よろひいれたるながもちに、を ...
    精選版 日本国語大辞典
  3. はけ

    氏神の祭礼を迎えるにあたり、神主や頭屋とうやの家の前に立てる神霊の依り代しろの一種。青竹の先に御幣や神符を付けたものが一般的。
    大辞林 第三版

その他の辞典の検索結果

1126

  1. はけ

    〘名〙 北海道・東北、関東から西の方にかけて、丘陵山地の片岸をいう地形名。地名になったものも多い。※武蔵野夫人(1950)〈大岡昇平〉一「土地の人は何故そこが『はけ』と呼ばれるかを知らない」
    精選版 日本国語大辞典
  2. はけ

    世界大百科事典 第2版
  3. はけたよ はけたよ

    神沢利子、西巻茅子による絵本作品。1970年刊行。ひとりでパンツが上手にはけない男の子がパンツをはけるようになるまでを描く。
    デジタル大辞泉プラス