国語辞典の検索結果

125

  1. 其の道

    1 専門の職業・学問・技術などの方面。「其の道の権威」「其の道にかけては並ぶ者がいない」2 色事・遊び事に関する方面。
    デジタル大辞泉
  2. 然迄

    [副](多くは、あとに打消しの語を伴って用いる)それほど。そんなにまで。「然迄気にかけてはいない」
    デジタル大辞泉
  3. 居常

    つねひごろ。ふだん。平生。「春琴が―傲岸にして芸道にかけては自ら第一人者を以て任じ」〈谷崎・春琴抄〉
    デジタル大辞泉

英和・和英辞典の検索結果

1

  1. にかけては

    〔…に関しては〕 碁にかけては彼は一流だ|He is a first-rate player of [at] go. 金にかけては心配はいらない|As far as money is concerned, you may put your ...
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)

その他の辞典の検索結果

1310

  1. 曲江

    〘名〙 まがっている入り江。※俳諧・くろねき(1797)「まかり江にかけては流す草筏〈双烏〉 しぐれやすらん雲の稲妻〈巣兆〉」
    精選版 日本国語大辞典
  2. 籠球

    〘名〙 バスケットボールのこと。※木の都(1944)〈織田作之助〉「籠球にかけてはその頃の中等野球界の和歌山中学のやうな地位を占めてゐたのである」
    精選版 日本国語大辞典
  3. 東松島

    宮城県東部の地名。石巻湾に臨む。西部の野蒜から宮戸島にかけては奥松島と称される景勝地。JR仙石線が通じる。平成一七年(二〇〇五)市制。
    精選版 日本国語大辞典