辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典

国語辞典の検索結果

392

  1. ちょうさ

    〘感動〙 (「てうさ」とも表記) 関西で、重い物、特に山車(だし)を引く時の掛け声。わっしょい。ちょうさようさ。ちょうさや。ちょうさやようさ。ちょうさやようさや。※狂歌・徳和歌後万載集(1785)七「ひとふしを歌ふ松魚(かつほ)のいはひ哥は ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. ちょうさ

    〘感動〙 (「てうさや」とも表記) =ちょうさ※浄瑠璃・源頼家源実朝鎌倉三代記(1781)二「俄(にはか)練物そろへの挑燈(てうちん)。てうさやてうさや。千歳楽(せんざいらく)じゃ」
    精選版 日本国語大辞典
  3. ちょうさやようさ

    山車だしなどの重い物を引く時の掛け声。ちょうさ。ちょうさようさ。ちょうさやようさや。 「『山鉾を引く体を咄しませう。急で囃させられい』『心得た。-』/狂言・千鳥 虎寛本」
    大辞林 第三版

その他の辞典の検索結果

1362

  1. ちょうさ

    〘感動〙 (「てうさ」とも表記) 関西で、重い物、特に山車(だし)を引く時の掛け声。わっしょい。ちょうさようさ。ちょうさや。ちょうさやようさ。ちょうさやようさや。※狂歌・徳和歌後万載集(1785)七「ひとふしを歌ふ松魚(かつほ)のいはひ哥は ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. ちょうさ

    〘感動〙 (「てうさや」とも表記) =ちょうさ※浄瑠璃・源頼家源実朝鎌倉三代記(1781)二「俄(にはか)練物そろへの挑燈(てうちん)。てうさやてうさや。千歳楽(せんざいらく)じゃ」
    精選版 日本国語大辞典
  3. ちょうさやようさ

    =ちょうさ※虎寛本狂言・千鳥(室町末‐近世初)「『〈略〉山鉾を引躰を咄しませう。急で囃させられい』『心得た。ちゃうさやようさ、ちょうさやようさ』」
    精選版 日本国語大辞典