辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典

国語辞典の検索結果

5

  1. ちくっと

    〘副〙① 先のとがったものなどでちょっと刺すさま、また、そういう痛みを感じるさまを表わす語。ちくと。ちくりと。※続俳諧師(1909)〈高浜虚子〉七二「ちくっと南京虫が兄さんの体を食った処を」② =ちくと①※三ちゃんも三ちゃんや(1971)〈 ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. ちくっと

    ( 副 ) 「ちくと」に同じ。
    大辞林 第三版
  3. ちくと

    〘副〙① 「ちと(些)」のくだけたいい方。ちょっと。ちくっと。※咄本・醒睡笑(1628)三「坊主と弟子といひ談じてつねづね愚人をあひしらひし、その風をあてことにし、ちくと文字のある客の時弟子出でてはばからず」※洒落本・世説新語茶(1776‐ ...
    精選版 日本国語大辞典

その他の辞典の検索結果

2

  1. ちくっと

    〘副〙① 先のとがったものなどでちょっと刺すさま、また、そういう痛みを感じるさまを表わす語。ちくと。ちくりと。※続俳諧師(1909)〈高浜虚子〉七二「ちくっと南京虫が兄さんの体を食った処を」② =ちくと①※三ちゃんも三ちゃんや(1971)〈 ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. ちくと

    〘副〙① 「ちと(些)」のくだけたいい方。ちょっと。ちくっと。※咄本・醒睡笑(1628)三「坊主と弟子といひ談じてつねづね愚人をあひしらひし、その風をあてことにし、ちくと文字のある客の時弟子出でてはばからず」※洒落本・世説新語茶(1776‐ ...
    精選版 日本国語大辞典